FC2ブログ

『快楽の部屋』

ここでは、ある日に書かれた 『快楽の部屋』 について紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日もダンナの帰りは遅いです・・・先に私はご飯食べちゃったし。
まぁ、期末だからね・・・大変そう。
明日は、期末会議で東京本社へ出張・・・そのための準備でしょうか。
会社の実情を知ってるだけに、頑張れ!としか言えないです。

さてさて、昨日のお話の続きです。

タカシくんとは、ケンジくんとも一緒に、その後も会いました。
カオリちゃんも含めて、4人で普通にお店で飲む機会があったのですが、
その時は、何事もなく・・・。

でも、一緒に温泉旅行の約束を取り付けたんです。
ケンジくんの車に揺られて、天橋立・城崎へ行きました。

そう言えば、天橋立で股覗きをしている写真があったと思うけど、
どこに置いてあるんだろう・・・。
城崎マリンワールドのイルカたちも可愛かった!

お宿は城崎、風情のある和風な温泉宿。
予算の都合で1部屋4人で泊まっちゃいました。
宿のご飯もおいしかったなぁ・・・。
城崎と言えば、湯めぐりですよね。もちろん、みんなで回りましたよ。

夜は、やっぱり酒盛り状態でした・・・。
と言ってもそんなに大量のお酒は持ち込んでなかったけど。
既に部屋に布団の並べられ、片隅に寄せられたテーブルを挟んで、
カオリちゃんとタカシくんが並んで座り、向かいに
私とケンジくんが並んで座っておりました。
そのうち、酔いにまかせて、カオリちゃんがタカシくんに
しなだれかかって飲んでましたね。

カオリちゃんは浴衣の裾がはだけていたので、「パンツ見えるぞ」と
ケンジくんに言われちゃっていました。
「え?見えた?」なんてカオリちゃんも返してましたけど。w

そのうちカオリちゃんが、浴衣の上からタカシくんの太腿をなでなでしてたんです。w
「ちょっと・・・くすぐったいんですけど・・・」と手を払いのけるタカシくん。
でもでも
「いいやん~、触ってると落ち着くしぃ。触られると感じちゃうからヤダ??」
やっぱり挑発モードのカオリちゃん・・・。
「感じませんって・・・」と言うタカシくんに、
「え~!ちょっとショック!!」なんて言いながら
しっかり手を股の間へ持っていってギュッと確認しておりました。w
「ホンマに感じてないんやぁ…私やったらめちゃ感じるのに…
 ゆりちゃんも感じるやんなぁ…」
と私にネタを振ってくるカオリちゃんに、
「そうやねぇ、太腿って割と感じやすいよねぇ」なんて返してしまう私…。

「あはは、マジで?そりゃえぇなぁ…」と横で笑ってるケンジくん。
「うんうん」と頷いている私は、次の瞬間、ケンジくんに太腿を
ナデナデされていました。

触られながら「いや~、くすぐったい~~」なんて言いながらも、
「あ、それちょっと気持ちいいかも」なんて素直に反応してしまう私・・・。
身を任せていると、浴衣の裾を捲り上げられて、直に太腿を撫でられ、
そのまま手が私の股の間に滑り込んできました。

股の湿りを確かめ「ホンマに感じるんやね」と言うと、そのままパンツの中に
手が入ってきました。
ケンジくんの手は、私の敏感になった場所を的確に刺激してきていたので、
私は向かいにいる二人の存在を忘れ、「あ・・・んん・・・」と
吐息を漏らしてしまっていました。

すっかりケンジくんに身を任せていた私は、仰向けにされてパンツを脱がされ、
ケンジくんの顔が私の股の間へ近付き、舌先で軽く敏感な場所を刺激されたかと思うと、
そのまま激しく吸い付くように舐めあげられてしまっていました。

ふと横を向くと、テーブルの下から見えたのは、じゅぷじゅぷと音を立てて
タカシくんのモノを貪っているカオリちゃんの姿でした。
その姿に刺激された私は、「私もしてあげる」とケンジくんに言って、
カオリちゃんとタカシくんの方へ目をやると、何をしてあげると言っているのか
悟ったケンジくんは、体勢を入れ替えようと立ち上がったときに、
はだけた浴衣から、硬く大きくなったモノが「早く外に出して」と
言っているようなトランクスが丸見えになっていました。
「脱がなきゃできないよ」なんて大胆にも言ってしまう私・・・。
早く、早くその大きいのを見せて、なんて期待にココロは膨らんでいたのです。

彼のモノを咥え、精一杯のココロを込めて、もっと気持ちよくなって…と
舐めあげていました。
その時、向こう側で先に舐められていたタカシくんが、
「うぁ!出る!もうイク!イク!」と声をあげて、カオリちゃんの口に
放っていました。
それを聞いた私は、「私も負けない~」とココロに思いながら、さらに
ケンジくんのモノの刺激を続けていました。
口の中で彼のモノがビクンとして、少し先が硬く大きくなってきたのを感じると
「あ…コレが気持ちいいの?」なんて思いながら、激しく彼のモノに
口を滑らせていました。
小さく「うっ!」と声を漏らしたかと思えば、次の瞬間には「イク!」と声を出して
私の口の中に熱い精を放っていました。

口の中のものを出そうと、ティッシュを探しキョロキョロしていると、
既にタカシくんをイカせたカオリちゃんが、私にティッシュを渡してくれました。

カオリちゃんが「二人ともイっちゃったね」なんて言いながら、
4人は目を合わせながら、ちょっと照れくさそうにしていました。

カオリちゃんが「でも、まだ私たちイってないよね」と私に向かって言い、
彼らに、『次はあなたたちが私たちを気持ちよくさせてくれる番・・・
うぅん、一緒に気持ちよくなる番だよ』と言わんばかり。

「俺、ゴム持ってないよ」というケンジくんに、
タカシくんが「俺、持って来てるかも」と言って、鞄から箱のまま未開封の
コンドームを取り出したのでした。
「なんで持ってんねん」と突っ込まれてましたが、この間、
たまたま買ったんだとか・・・って怪しすぎ。
後でカオリちゃんに言ったら、「私が『買っといて』って言ったから」だってさ。
そうですか・・・そのつもりの旅行だったのね・・・>カオリちゃん

時間とともに下を向いてしまったモノを、再び口で愛撫して大きくしたところで
タカシくんの持ってきたコンドームを装着してもらって、四人の布団の
端と端で、2組のエッチが始まってしまいました。

先日のタカシくんのモノより、長さはないけどちょっと太かったかも…。
特にカリの段差が…「突き」より「抜き」の動作のときに、
背筋にビビビと電気が走るような快感が走ります。

途中、タカシくんの「ヤバいよ!もうイキそう!イっていい?」という声と、
カオリちゃんの「まだダメ!私ももうちょっとでイクから!」という声が
聞こえていました。・・・やっぱり、タカシくんは早めかも??

正常位、騎乗位、バック、そして再び正常位。彼のモノを存分に楽しみ、
「イク!イク!」と二人が果てた後、気付いた時には、こっちを向いて
転がって、私たちの行為を見届けていたカオリちゃんとタカシくんの姿が
見えました。・・・やっぱり、先に終わってるし。w

その後、夜中もずっと入れる内湯へと4人は向かい、汗で乱れた体を洗い流して
眠りに就いたのでした。

ハイ、4人は入り乱れておりません。だから、あくまで4Pでは・・・ないよね?

下のBlogランキングも、ぜひぜひクリックして下さい。
みなさまのクリックが心の支えになっております。
人気BlogランキングBESTブログランキング女性ブログランキングブログランキングranQ
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://himayuri.blog31.fc2.com/tb.php/64-871b07d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。