FC2ブログ

今夜、君の声が聞きたい

ここでは、ある日に書かれた今夜、君の声が聞きたい について紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久々に、直近のエッチ体験談を書けて、満足気味の私です。
とは言え、次はいつになるやら・・・。w
ま、頑張りますね。

今までのお話に出てきた人に、名前をまったく書いていなかったことに、
今更ながら気付いた私・・・。
まぁ、はっきり覚えてない人もいるんだけど、名前書いておいた方が、
話を理解しやすくなりますよね。

と言うわけで、昔話の整理もかねて、登場した人たちのお名前を整理します。
偽名・本名が混ざってますけど。w
最近、私のBlogに来て、まだ読んでいないという人は、この機会に読んで下さい。w

コウイチくん:中学時代の初彼→6/24
高橋先生:処女を捧げた塾のアルバイト大学生→6/266/27
シンジくん:バレー部の彼→7/4
タカヒロくん:陸上部の彼→7/11
カオリちゃん:大学の同級生♀→7/127/20
ヒデアキさん:大学の年上同級生♂→7/137/14
アキラくん:カオリちゃんのセフレ→7/217/22
マサトくん:元童貞のセフレ→7/267/277/288/28/31
コーヘイくん:伝言で出会った堺に住んでた彼→6/308/58/88/108/178/189/6
ヤスオさん:バイブをもらったサラリーマン→7/1
ヒロユキさん:トイレの商社マン→7/7
タダシさん:入れない&イカない百貨店マン→7/8
ユウジさん:先週久々に会った直近の彼→7/57/68/199/79/89/9

ぜひぜひ、読み返して下さい。m(_ _)m
さてさて、ユウジさんに会ってしまう前に書いたとおり、伝言&ツーショットダイヤルでの遊びのお話をしますね。

前に書いたように、大学1年の秋に初めて使い、それで出会ったコーヘイくんと
別れたのが、2年の春です。
もちろんコーヘイくんと別れても、セフレのマサトくんとは切れてなかったわけで、
コーヘイくんと別れてしばらくは、マサトくんと会ってはエッチしまくりでした。

5月のGWが明けた頃、マサトくんに再び彼女ができました。
バイト先で知り合った女子大生だそうです。
最初からいい感じだったみたいで、初デートで「ホテル行く?」って訊くと、
あっさりOKだったとか。
でも、そのコは、既に“経験済”だったそうです。

あ、マサトくんの話は、どうでもいいですね。

セフレとも会えなくなった私は、一人慰めるようになったんですけど、ある夜、
エッチ系の漫画雑誌、いわゆるレディコミを読んでいた私は、
「あぁ・・・ツーショットダイヤルってあったよね・・・」なんて思いながら、
男の人の声が聞きたくなって電話しちゃったんです。

夜だし、やっぱりエッチトークコーナーかな、と何気に選んだ私。
繋がると同時に、「こんばんは」という男の人の声が・・・。
え?もう繋がった??なんて思いながら、慌てて私も『こんばんは』と返しました。

確か、歳は20代半ばのアツシさん。普通に世間話から入ってました。
「彼氏はいるの?」『いないです』「俺も彼女いないよ」
「俺、24歳やねんけど、いくつなん?」『19です』「じゃあ、学生?」
『はい、大学生です』「俺は・・・この歳やし、サラリーマンやで」
『サラリーマンですか~。なんだかオトナですね~』
なんて、他愛のない話。

そのうち、「ゆりちゃんは、エッチしたことある?」とか、
「年上は経験ある?」とか、エッチ系の質問に・・・素直に答えちゃいましたけど。w

「じゃあ、彼氏と別れてからはエッチしてない?」なんて訊くので、
『うん、彼氏と別れてから1ヶ月くらいしてないよ』と、またまた素直に
答えちゃう私・・・夜の静かな雰囲気だと、エッチトークに花開きますよね。

「その間は、一人エッチしてる?」という質問にも、もちろん『たまにかな』なんて
答えてしまっていました。

「じゃあ、いつもしてるみたいに触ってみて。俺と一緒にしようよ」
なんていうアツシさんの言葉で、いわゆる電話エッチ=テレホンSEXが始まってしまったんです。

最初は、何だか恥ずかしいと思いながらも、「俺のも大きくなってるよ」とか、
「気持ちよくなってきた?」とか・・・アツシさんの言葉に次第に興奮して、
『あ・・・ん・・・』と、いつものように声を出して弄ってしまっていました。

「ゆりちゃんのオ○コ、ぐちょぐちょになってるよ」なんていう荒い声に
さらに興奮して、ぐちゅぐちゅと溢れる場所をさらに刺激しちゃう私。

「俺のチ○チ○、ゆりちゃんのオ○コに入れてもいい?俺も我慢できなくなってきた」
という彼の声を聞いた頃には、すっかり興奮して濡れ濡れになっていた私は、
『うん、入れて・・・』なんて言っちゃってました。(/▽\*)

「俺のチ○チ○、気持ちいい?ゆりちゃんのオ○コ、気持ちよくて、イっちゃいそうになるよ」
と、さらに荒い息とともに言う彼に、
『うん、気持ちいい・・・私もイっちゃいそう・・・』なんて、恥らいもなく
快感を声にしていました。

『あ、ダメ!イっちゃいそう!』と昂まりを押さえられない声を出すと、
「イっていいよ、俺も一緒にイクから」という荒い息に包まれながらも、
少し優しいアツシさんの声が耳に届いていました。

『ぁ!イっちゃう!ぁん!イクイク!イク!』と登りつめる私に合わせるように、
彼も「俺もイク!あぉっ!イク!」と、快感の声とともにイっていたようです。

「ありがとう・・・気持ちよかったよ」というアツシさんの声に、はっと我に返り、
『やだ・・・恥ずかしい・・・こんなことしちゃうなんて・・・』と、まだ混乱している私。

「電話でしたの初めて?」という彼の声に、『うん、そう』と返すのがやっとで、いつの間にか、
全裸になって快感を貪っていたことに気付いた私は、一人あたふたしていて、
電話の向こうのアツシさんの存在を忘れ、思わず受話器を置いてしまったのでした。

一人でするよりも興奮してしまった、初TELエッチ体験でした。w
そういえば、もう何年かしてないなぁ・・・。

質問 電話エッチの経験が・・・?
ある!
ない…

コメント



- FC2 ID -

結果過去の投票管理
よければ、答えて下さいね。

こちらのBlogランキングもクリックして下さい。
みなさまのクリックが心の支えになっております。
人気Blogランキング
人気Blogランキング
BESTブログランキング
BESTブログランキング
スポンサーサイト
[PR]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://himayuri.blog31.fc2.com/tb.php/58-567f993d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。