FC2ブログ

I WANNA TALK WITH YOU

ここでは、ある日に書かれたI WANNA TALK WITH YOU について紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ネットな世の中になった今では、出会い系サイトが、今のブーム(これって死語ですか?)
のようですね。そういう私も利用している一人ですけど。
これが、一昔前だと、ベル友、伝言ダイヤル、ツーショットダイヤル、
てな感じでしょうか。

今や、PC持ってる人なんてゴロゴロいるし、ケータイなんて大抵の人は持ってますしね。
私はやったことはないですが、一昔前なら、PCだとPC-VANやらNiftyserveやら、
いわゆるパソコン通信時代があったので、礎石はしっかり据えられていたわけで。
ケータイは、どっちかっていうと、やっぱりポケベルの流れなんでしょうかね。
でもフルブラウザ搭載のケータイがあったり、海外ではPDAケータイがあったり。
#日本でも、DoCoMoのM1000がPDAケータイですね、そういえば。

あぁ、でも私ってば、ポケベルって持ったことないんですよ。
今となっては、文字のコミュニケーションにすっかり溶け込んでますが、
やっぱり、「(彼氏の)声が聞きたい~!!」と思ってたわけで・・・。
10数年前のポケベルブームの頃、私は持ってませんでした。
かと言って、当時のケータイなんて高くて、もっともっと無理でしたけど。

大学卒業が近い頃ですかね、PHSの登場で、即買いでした。
もっとも、就職した後には、ケータイに乗り換えてましたけど。
話が微妙に逸れましたが、伝言・ツーショットダイヤルは、よく利用していました。
何の雑誌だったかは、よく覚えてないですけど、夜一人で読んでいた雑誌の広告で
フリーダイヤルを見たのが最初です。
どういうものかよくわからなかったので、まあ、フリーダイヤルだしいいか、
と思って試しにかけてみたのです。

まずはツーショットから・・・ノーマルとセクシー・・・なんじゃそりゃ?
と、とりあえず、ノーマルで・・・ピっと、「お相手と繋がりました」とのメッセージが。
え!?何!?何なの??と思っていると、「もしもし?」という男の人の声が・・・。
慌てて電話を切ってしまいました。
あぁ・・・なるほど、テレクラって感じ?そうか、そういうことですか。

じゃあ、伝言ダイヤルって・・・と思ってかけると、ふんふん、会員番号の発行ですか・・・
メモメモ。え?暗証番号?ん~、じゃあ、□×△○で、ピッピッと。
伝言板の再生は「1」を、ていうことで、ピッと。
「新しい順に再生します」というガイダンスが流れてしばららくすると、
また男の人の声が・・・あ、でも録音ですね、これ。
ふんふん、23歳ですか、そうですか、彼女いないですか、そうですか。みたいな感じ。
と、メッセージが流れ終わると、「もう一度聞くには…」「メッセージを録音するには…」
「次のメッセージを聞くには…」というガイダンスが流れて、じゃあ、次ね、次。ピッと。
で、また違う人のメッセージが・・・。
なるほど、メッセージを録音して聞いてもらうわけですね。

てな感じで、一通りわかったところで、その日は「おやすみなさい」。
また、日を改めて、別の日にかけて、その後、何度かいろいろ試しているうちに、
すっかり慣れていました。とりあえず、話をしたいときは、ツーショット、
メッセージの交換をしたいときは、伝言ダイヤル、と。

あぁ、ツーショットのセクシーって何だ?という疑問はすぐに解けました。
いわゆるエッチ系のお話をしてくる人がいたり、ハァハァと息の荒い人がいたりw、
いわゆるテレホンSEXを求めてくる人がいたり、と。
#イヤ、応じてないですけど。経験ないとも言いません。w

声と文字の違いはありますけど、結局、出会い系サイトとやってることはおなじですよね。
ま、いろんな人がいるんですよね、今も昔も。

出会い系サイトをやり始めるまでは、これでの出会いが多かったわけです。
出会いのお話は、また後日ということで。

ランクアップのため、ぜひぜひクリックしておくんなまし・・・。
人気blogランキングへ、飛びます。m(_ _)m
ただいま200位付近まで上がってきております。感謝、感謝でございます。
みなさまのクリックが心の支えになっております。
#選挙演説みたいやね・・・。
スポンサーサイト
[PR]

コメント
この記事へのコメント
ちなみに
ランキングって自分で確認するの?それとも今何位だよーって連絡がくるのかな?
2006/08/19(土) 21:18 | URL | 仁 #-[ 編集]
えー
自分で見ないと分からないです(^^;
2006/08/21(月) 21:53 | URL | ゆり #7sqcNiHo[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://himayuri.blog31.fc2.com/tb.php/37-e24f2202
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。