FC2ブログ

Where do we go

ここでは、ある日に書かれたWhere do we go について紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夏の話といえば、3人の話もあったんですよね。
と言っても、たまたま夏の出来事なだけで、
「夏だから!」っていうものでもないので・・・。

そもそも、頻繁に揃ってたわけじゃないので、私と友達(♀)のどちらかと友達(♂)の
2人で会うことが多かったです。
結局、あれ以来、3人でスル機会があったのは3回だけです。

3人でするのも、それなりに楽しいのですが、やっぱり1:1のほうがいいですね。
男の人も大変だろうし・・・週1ペースで2人を相手してたんですから。

とはいえ、元々、彼は友達のセフレだし、それを獲っちゃってもダメだし、
彼が疲れて楽しめないようなことになってしまうのなら、私も彼女も、
二人して満足できなくなったりしますからね。

それで、彼に友達を一人紹介してもらうことになりました。
できれば、経験が少なくて、エッチには興味があるけど、エッチを楽しむことと
マジメに恋愛することの線引きがキチンとできる人。
そして、もちろん、口の堅い人。w
一応、会うまでは相手にそんなことは言わずに、2:2で飲みに行こうって、
一緒に飲みに行く友達を探してるって感じですね。
まずカラオケに行って、ほどよく打ち解けてから、居酒屋へと飲みに行き、
4人で盛り上がって楽しく飲んでました。
いい感じに話が進んでいるときに、彼女が「○○くんって、彼女いる?」
と、事前情報で「いない」と分かっていながら、訊いていました。
もちろん、「いない」という答えが返ってきたので、「私も彼氏いな~い」と、
陽気に答えていましたよ。

私も「高校卒業して、東京~大阪の遠距離になって別れた」とか、
セフレの彼も「浪人してからいない」とか。
「みんな独りモンや~ん」ということで、意気投合して飲んでいました。

何時しか、話題は初エッチの話に・・・。
彼は、未経験・・・つまり童貞だったんです。
「じゃあ、私ら二人やったら、どっちとエッチしてみたい?」と、挑発的なことを
彼女は訊いてしまっていました。
「俺は、××(彼女の名前)」と、すかさずセフレの彼が割って答えるので、
「あんたに訊いてな~い!」と突っ込まれていました。w
「どっち~?」としつこく訊くので、「じゃあ・・・」と、私を選んでくれました。
「こいつが私を選んだから、この子にしたでしょ~」と突っ込まれつつ、
「いや、まあ、ははは・・・」と笑ってごまかしていました。

私は「ごめんね・・・この子、酔うと容赦ないから」とフォローしておきました。w
彼女は「でもまあ、18~9で経験ないなんて、普通やし、焦らんでいいよ」って・・・
お前が言うな、お前が。イヤ、彼女だから言えるのか。w

居酒屋を出てから、彼女は「じゃあ、ホテル行こか~」と、相変わらずの調子で
エロエロモードになったままで、「もう電車なくなるし、泊まって行こ~」と、
3人を引っ張ってラブホ街へと・・・。

「ちょ、ちょっと、マジで・・・」とあたふたしている彼に、
私は「とりあえずあの子、放っとくわけにもいかんし」と言いながらも、
内心すっかりヤル気で歩いていました。

「ここ、キレイやし、いいよ」と、セフレの彼と入ろうとする彼女を見ながら、
「マジで入るの?」と言う彼に、「ん~、まあ、私はいいよ」とOKサインを出すと、
「それじゃあ・・・」と意を決して中に!

「隣同士やったら、声聞こえるかもね~」と、エロ調子まっしぐらの彼女を余所目に
「ここがいいかなぁ」と、部屋を選ぶ私・・・結局、階も違う部屋になったわけで。w

「じゃあ、明日、私はバイトあるから、お二人さんで仲良く帰ってね」と彼女に言われ、
先に私たち二人はエレベーターに乗り込みました。

てな感じで、部屋での話は、また明日。w
スポンサーサイト
[PR]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://himayuri.blog31.fc2.com/tb.php/30-c323781b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。