FC2ブログ

Surprise!

ここでは、ある日に書かれたSurprise! について紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
花火また更新が空いてしまいました。
世間はお盆休み真っ只中ですね。

そんな今日は敗戦記念日です。

帰省ラッシュが終わったかと思えば、
もうUターンラッシュが始まっているそうです。

分散傾向にあるので、一昔ほどではないようですが、
この時期にしか休めない人たちは大変ですね。

さて、10日にあった難波・心斎橋デートのお話の続きです。

続きを読む前にぜひこちらへどうぞ。
←広告です。大人の出会いを体験・攻略

昨年9月に再オープンした「そごう心斎橋本店」
中はすっかりキレイになっています。

それもそうか、建て替わってるもんね。

「めっちゃキレイやん~」
「前のんは取り壊して、建て直したらしいね」

旧そごう大阪店は、歴史的にも価値のある建築物だったらしいですね。

でも古くなると商業施設としては維持していくことが難しいので、
取り壊しも致し方ないのかなぁ・・・と。

11階と12階は「心橋筋商店街」として、古の大阪の風情を醸し出しています。
ちなみに戎橋より南は「戎橋筋商店街」、北は「心橋筋商店街」です。
#「字」の違いにご注意!

エスカレーターで下から順番に上がって行ったのですが、カズヤさんは
私に連れられるまま・・・。
いきなり婦人服やら一緒に見ても「俺はどうすりゃいいの?」状態だった
に違いありません(苦笑)

そんなことお構い無しに、特に何を買うわけでもなくウインドウショッピングを
続ける私に、カズヤさんは困惑していたに違いありません。

さらに追い討ちをかけるように、特設の水着コーナーへと辿り着いてしまったのです(笑)

水着かぁ・・・海とか行った??」
「いやぁ・・・最近、全然やわ」
「私も・・・去年、10何年ぶりかに海行ったよ。しかも沖縄!!」

と言いつつ、水着コーナーの中へと進む私。
戸惑いながらも着いて来るしかないカズヤさん。

「沖縄かぁ、いいなぁ・・・でも肌めっちゃ白いやん」
「もう1年近く前やし、日焼け止めしっかり塗ってたしね
  もう、この歳で日焼けなんかしたら、肌ボロボロやわ」

「いやいや、まだまだ十分いけますって」
「そんなお世辞はいりませんって(笑)」

買うわけでもなく、水着を吟味する私・・・。
しかし、毎年新しいのが出るんですよね。
毎年海に行っているような人は、毎年買っちゃったりするんですかね・・・。

「去年さぁ、タンキニのセット買ってんなぁ・・・ほら、こういうの」
「うんうん」
「でも、さすがにビキニにはなられへんかったわ・・・んな勇気あらへんし」

はい、沖縄ではカバーアップのタンクトップを脱ぐことなく過ごしておりました。

「そうかなぁ・・・まだいけるでしょ」
「でもなぁ・・・30過ぎてビキニってのもなぁ・・・」
「まあ、リゾートやし大丈夫やん」

ビキニビキニと溢れる水着コーナーに戸惑いながらも、逆に孤立する方が
気まずいと言わんばかりにぴったりとくっついて歩くカズヤさん。

「でも、20歳そこそこの女子大生やら20代のOLさんやら、そんな人らと
  30過ぎの主婦やったら、若いコの方に目ぇ行くやろ?(笑)」

「え・・あぁ・・・んん~・・・どうやろ・・・」

ま、そういうもんでしょね。はい、自覚しております。

「ねぇねぇ、これ、めっちゃかわいいやん」

大胆系ではないビキニにタンクトップ・ジーンズ素材のショートパンツとの
マリンブルー系の4点セット。

海=青っていう短絡的なイメージとは言え、やっぱり水着ならブルー系が好きかもしれない。

「あ、うん、いいね」

何気に気が合う二人??
いえいえ、居所がなくて、もう頷くしかないカズヤさんなのでした。

そんなカズヤさんがどんな反応をするのか見てみたくなって、
ふと口にしてしまっていました。

「試着してみようかなぁ・・・」
「え!?ホンマに!?買うの!?」

カズヤさんは明らかに動揺しているのです。

「ん~、今年は海行かないけど、ちょっとどんなんかなぁって・・・
  カズヤさんにも見てもらおうかなぁ、なんてw」

「え・・・でも、俺、一人でこんなとこにおられへんってば・・・」

そりゃま、水着コーナーで若い女の子たちに囲まれつつ、試着室の前で
待っているのは男の人にとっては苦痛でしょう。

#いや、そんなのお構いなしや!っていうツワモノもいるでしょうけど。

「じゃあ、遠巻きに待っててよ。着替えたら外覗くから来てくれたらいいし」
「え・・・ちょっと・・・ん~~・・・マジでまいったな・・・」

シャイな一面も見られてちょっと嬉しい私なのでした。

「ほら・・・他にカップルでいてる人もいるやん。気にし過ぎやって」
「あ・・・うん・・・そうやねんけどね・・・」
「ね?いいやん。海は行かれへん代わりに、水着姿披露するやん」
「うーん、しゃあないなぁ・・・」

私の押しに負けたカズヤさんは、照れ隠しで頬を掻きながら頷いたのでした。

「じゃあ、もう1着選んで2つにしよっと」
「えーっ!・・・わかったって・・・手短にお願い・・・」

ちょっとくらいえぇやんなぁ・・・サービスすんねんから・・・

カバーアップがタンクトップではなくキャミ系のセットをもう一つ手に取り
試着室へと向かったのでした。

「着替えたら携帯鳴らすし、向こうら辺で待っててな」

そういって、カーテンを閉めて、いそいそと服を脱いで着替え始めたのでした。

一つ目の水着に着替え終わった私は、携帯電話を鳴らし、カーテンを開けて外を覗き込むと、
スタスタと近付いてくるカズヤさんの姿が見えていました。

「ね・・・こんな感じ・・・どう?」

カーテンを上のほうだけ開けて、顔だけ覗き込むようにして水着姿の私を見ていました。

「ん・・・下、履いてると水着っぽくないよね」
「最近はこういうの多いよね」

一昔前だと、パレオ(という腰に巻く布切れ)が流行ってたりしましたが、
ショートパンツや、キュロット、ミニスカートみたいなのを履くのが
今の水着の流行ですね。

「で、この上を脱いだら・・・こんな感じ」
「えっ、ちょ、ちょっと・・・脱ぐの?」
「だって、下にも着てるもん」

そう言った頃には、タンクトップを脱いで、上半身はホルターネックタイプの
ビキニ姿になっていました。

「そうやねんけど・・・ちょっと目の毒・・・」
「え~~っ!目の保養ちゃうん!!」

肌を露出させながら、つっこむ余裕のある私とは正反対のカズヤさんです。
ま、女の園に無理やり連れ込まれて、堂々としているような人だと
引いちゃいますけどね。

「じゃあ、こっちも着てみるね」

そう言って、再びカーテンを閉じて、着替え始めました。

携帯電話を鳴らされて、またまた冷静を装いつつ試着コーナーへと歩いてくるカズヤさん。
でも、少し慣れてきたかな?

「こっちは・・・どうかなぁ?」

タンクトップとは違い、キャミソールになっているので、鎖骨から肩にかけての
露出が大きくなっています。

「あ~、こっちのほうがかわいい感じやね」
「あ、ホンマに?・・・そうなんや」
「うん。さっきの方が、ちょっと上品っていうか、何かそんな感じ」

あ、やっぱりちょっと慣れてきた?
明らかに饒舌・・・とは言えないけど、コメントが増えてきていました。

さっきのはショートパンツがブルージーンズ系、次のはホワイト系です。

「さっきは下脱いでなかったけど・・・」

と言いながら、ショートパンツのジッパーを下ろして、スルスルと太腿の下へ下ろして
ショートパンツを脱いだのでした。

「こんな感じ・・・」
「ん・・・やっぱ、もう完璧に水着やわ・・・ちょっとドキドキって感じ」
「なぁに言うてんの、もう!」

カズキさん!視線がちょっとエロいよ!

「でね、上脱いだら、いくらリゾートとは言え無理・・・」

と言いつつ、しっかりキャミを脱いでしまう私なのでした。

「ほら!もう、人様に見せられへんくらい肌露出してるしぃ!」

ホルターネックではない肩紐で、三角の布切れで胸を覆っているだけの
いわゆるビキニの王道中の王道です。

「あ・・・いや・・・こりゃ参りました!セクシーすぎ・・・」
「セクシーっていうか、こことか、こことか・・・お肉見せられへんし」

ってアンタ、カズヤさんに見せまくりでんがな・・・。

「いや、そんなんわからへんって・・・」
「うぅん、そんなことないねん!女の子の目は鋭いねんで!」

そうなのです。
水着姿と言い、温泉での裸と言い、気になるのは男の人の視線よりも
同性の女性からの視線の方が気になるのです。
自分で知ってるだけに肉付きが分かっちゃいますからね・・・。

「じゃ、着替えて出てくる・・・」

スペシャル水着ショーも終わり、着替えて出てくると、水着を店員の
オネーサンに渡して水着コーナーを後にしたのでした。

ゴメンね、恥ずかしい思いさせて。
でも、いっぱいサービスしたから許してね!

ビジュアルがイマイチ掴めない人のために、楽天の某ショップの写真で
水着のタイプを理解してやって下さい。

ホルターネック+タンクトップ  三角ビキニ+キャミ

※色も柄も全然違います。アシカラズ※


そごうを出て、心斎橋筋商店街を南へ下り、再び難波方面を目指したのでした。

女の園を引っ張りまわしてしまい、すっかりのぼせ上がったカズキさん。
しかも、4時に待ち合わせて、難波から心斎橋へと歩き、そごう店内も
ブラブラとウインドウショッピングにつき合わせてしまって、既に
6時が近付いていたのでした。

ずっと立ちっぱなしだったので、とりあえず、お茶をすることにしたのでした。

はい、まだ続きますよ・・・。


10万アクセスを目指して、今後のエロ話を期待しつつ
下のBlogランキングを、ぜひぜひクリックして
ランクを上げてやって下さい!
みなさまのクリックが心の支えになっております。m(_ _)m
全般的にランクが急降下中です。お助けあれ・・・。
(年齢認証まできっちりクリックしてくださいm(_ _)m )
エログサーチ!人気BlogランキングFC2ブログランキング人気ブログランキング【ブログの殿堂】
BESTブログランキング王様のblogランキングブログランキングranQブログランキングくつろぐ

↓このブログを評価して下さいね!
このブログを評価する


↓本日のおすすめリンク↓ここからいい出会いが生まれるかな?
Click Here!Click Here!

私のBlogにはワンクリック詐欺のような騙しリンクは一切ありません。
安心してクリックして飛んで下さい。m(_ _)m
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
コメント
この記事へのコメント
男的地獄
タツヤさんに同情です
買物同行 それはそれはツラァー
水着姿だけでは到底足りん
フツーはそう思います
ただ 相手がゆりさんだったら
やっぱ かわいそうや
はよ 解放したって下さい
って何言ってるんだろ?
2006/08/16(水) 01:12 | URL | satoppy #-[ 編集]
水着
下着売り場の経験は無しです。何か知ってる人に会いそうで恥ずかしいです。

そうそう文字化けは私でした。携帯からだからかな?よくわかりましたね。2月のコメントも返事いただきありがとうございます。
2006/08/16(水) 06:16 | URL | 仁 #-[ 編集]
経験あるけど…
あれ恥ずかしいよ~
女性の視線が痛いこと痛いこと(笑)

2006/08/16(水) 10:02 | URL | 裕介 #-[ 編集]
名前戻しました^^;
買い物のお付き合い、僕は全然苦じゃないなぁ。いつでも付き合います^^ ミナミならなおさら。
2006/08/16(水) 11:15 | URL | しんさく #z8Ev11P6[ 編集]
ふむむ
>satoppyさん
彼女の買い物にも付き合わない派ですか?
ダンナはいつも付き合ってくれて、こっちがいい、
あっちがいい、と見立ててくれるんですよ~。

>仁さん
下着売り場はツライでしょうねぇ・・・。
さすがにダンナも連れて行かないです。

>裕介さん
普通の服ならいいんでしょうけどねぇ・・・
水着だしねぇ・・・。

>しんさくさん
彼女のお買い物に付き合ってあげてくださいねぇ。
2006/08/16(水) 22:59 | URL | ゆり #7sqcNiHo[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://himayuri.blog31.fc2.com/tb.php/240-26c32d56
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。