FC2ブログ

だったらあげちゃえよ

ここでは、ある日に書かれただったらあげちゃえよ について紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日、ここに写真を載せた、家にあるバイブの話を。
前に書いたとおり、手にしてから6年くらい経ってます。

自分で買ったわけではなく、人から貰ったものです。
もちろん、男の人からです。w

6年くらい前の、たしか11月くらいだったと思うのですが、
某サイトで知り合った、2つ下の男の人でした。
ちょうど会社を辞めて、仕事を探していた頃で、
ヒマになるとエロ心も強くなってしまうというか・・・。
まあ、そんなの言い訳ですね、したかったんですって、ハイ。

つうか、ちゃんと仕事探せよ。>自分 w
ウチからも会社からも遠い、難波で待ち合わせしました。
まあ、どっちにしろ、うちの近所も会社の近所も、ラブホはないけど。w

待ち合わせ場所から遠巻きに見ながら、電話をかけて、こっそりと
先に確認させて頂きました。w
見た感じは普通のサラリーマン風、ってスーツ姿じゃなかったですけど。
メガネをかけていたけど、優しそうな、ちょっと大人しそうな、
ごくごく普通の男の人でした。

んで、電話で話しながら近づいて、「どうも」とハジメマシテの挨拶を。
「どうしましょ?」と彼が言うので、「あ、じゃあ行きますか?」と言うと、
「あ、いいですか?」「あ、はい」となんだかぎこちない二人。

と言いつつ、ラブホに向かったわけですが・・・お茶くらいすれば
よかったかな。でも、そこで変に緊張するとドツボにはまるからなぁ・・・。

まあ、とにもかくにも部屋に入って、ドリンクを頂戴しながらも、
まだ緊張を引きずっている二人なので、「カラオケでも歌っとく~?」と
言って、彼に歌本を渡して、何曲か歌わせました。
って「私はいいから~」と、1曲も私は歌いませんでしたが。w

緊張も少し解けたので、じゃあ、シャワーに、って。
それからベッドへGo。
あとは自然にボディタッチが始まり、そ~ゆ~雰囲気へ・・。

とはいうものの、お○こを愛撫されながらも、じっと部屋の隅にある
アイテムボックス(ていうのかな?)のほうを見つめていました。

彼は、私の目線が気になったのか、振り返って
目線の先にあるものを確認してから
「何?なんか気になる?」と、訊かれちゃいました。
「ん~、どんなんあるんかなぁ、って思って」と私。

じゃあ、見てみるか、っていうわけで、二人でそこの前に・・・。
彼は「ローターとかもちゃんと置いてあんで」というので
「は~、そうやね~」と軽く相槌を打ちつつ、眺めてると、
「使ってみるか?」と言われました。
いやまぁ、この状況なら、「言わせた」に近いでしょうが。w

「え~、でも高いやん」と答えながら、内心は買ってちょ~、
と思っておりました、ハイ。
まぁ、「いい、いい、買ったる買ったる。好きなん選びや。」
と即答されました。

んで、選んだのが例のバイブです。w
「いきなりそれか~、使ったことあるやろ~?」って
言われちゃいましたが、まあ、否定する理由も言い訳も
思いつかなかったので、「うん、あるある、あるよ。」と
即答してしまった私・・・。

「マジか~、俺、まだないっちゅうねん・・・」と彼が言うので
「ほな、ちょうどよかったやん。」と、不敵な笑みを
浮かべたのは言うまでもありません。(こらこら)

彼の手にしたバイブで、クリを刺激されたり、ゆっくり挿入されたり、
で、それなりに気持ちよかったけど、初めてで遠慮しているせいか、
微妙にぎこちなかったので、私から
「もっと、こうやって動かしても大丈夫やよ」と、手を添えて
動かしてみました。

すると「じゃあさ、自分でやってみぃよ」と言われたので、
自分でしっかり握って動かしてしまいました。w
でも、そのまま見られているだけだと恥ずかしいので、
「あなたも、いつもしてるみたいに触ってみて」と言い、
そのまま相互オナニーへ突入・・・。

すでに汁まで溢れているほど硬く大きくなったモノをしごく
彼の姿を見ながら、夢中でバイブを動かしていました。
彼に「気持ちいい?もっと動かして気持ちよくなって」と言いながら
そういう私が、一人でツボにハマりながら、どんどん気持ちよくなって
そのまま「あ、イクイクッ」と私だけイっちゃいました。

まだイってない彼に「やっぱり、入れてからがいいよね?」と訊くと
当然のように「そりゃそうやん。」と言われちゃいました。w

その日、まだだったフェラをしてあげて、
(って、その必要もないほどギンギンでしたが)
コンドームを装着した彼の上に跨ってしまいました。
そのあと、体位を正常位→バックに変えて、再びイってしまい、
続くように彼が中で弾けました。

抜いたコンドームに大量に放出されていたのを、よく覚えています。
彼も「今日はめちゃ多いわ」と言っておりました、ハイ。
イクのを我慢したり、入れるのを焦らされてたりすると、
量って多くなるんですかね?よくわかりませんが・・・。

「また連絡するわ~」って言いながら、連絡するでも連絡があるわけでも
なく、結局、それから一度も会っていないのですが、そのときに
もらったバイブが今でも頑張ってくれています。
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://himayuri.blog31.fc2.com/tb.php/14-4779a57c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。