FC2ブログ

ドキドキしちゃう

ここでは、ある日に書かれたドキドキしちゃう について紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
週あたま~半ばは暖かかったんですが、また寒くなってきましたね。
まだ2月ですからねぇ・・・春は遠いです。

さて、昨日のお話の続きです。

が、彼の名前を出していませんでした。
まぁ、名前なんて話の流れには影響ないのですが、
あとになって「あのときの・・・」って話をするときに
ややこしくなるので、仮名であれ本名であれ、本人が
名乗った名前をキチンと出しておきますね。

26歳会社員「ヨシトさん」でございます。

では、どうぞ~~~~

ホテルへ入った私たちは、ソファーでぎこちないながらも
並んで座っていました。

「何か飲みますか?」

テーブルの上に置かれた無料ウェルカムドリンクのメニューを
持ちながらヨシトさんが言いました。

「じゃ、アイスコーヒーを・・・」

ってさっきもコーヒー飲んでたんですが・・・さっきはホットだったし
シャワー浴びて出てくると、冷たいものが欲しくなるんですよね。
受話器を取りフロントへ繋いだヨシトさんは
生ビールを頼んでいました。

ま、仕事帰りの一杯っていうのは、やっぱりおいしいですよね。

「なんか、どうしよう~~って言ってた割に、迷わずここまで
  すんなりと来てたよねぇ・・・??」

「え・・・あ・・・いや、まぁ、この辺は知ってたし・・・」
「まぁねぇ・・・私も知ってるし・・・
  っていうか、来たことあるわ、ここ」

「え、そうなん?よく来てんの??」
「ヤダ・・・そんな来ることないよ・・・人聞き悪いなぁ・・・」

ま、私も待ち合わせで迷わない場所だから、そこでいいって言った
市内某所ですから、来たことあるホテルなのも当然だったり。
#って1軒しかないわけじゃないですけどね(^^;

そうこう言ってるうちに部屋のチャイムが鳴って、
ドリンクがやってきました。

ドアのほうへ向かうヨシトさんに

「ねぇ・・・お風呂って・・・浸かる??」
「あ、うん、そうやねぇ・・・入るわ」
「じゃ、入れとくねぇ」

そう言って、私も立ち上がってお風呂場へと向かいました。

部屋へ戻ってくると、テーブルにコーヒーと生ビールを並べて
ヨシトさんが待っていました。

「ハイ、乾杯、乾杯!」
「ゴメンね、ビールじゃないけど」

テレビでやってるニュースを見ながら

「今回はメダル厳しいねぇ・・・まだ1個もないし」

なんて他愛のない時事ネタなどなどをまったりと話していました。

頃合いを見計らってお風呂を見に行くと、
そろそろお湯が溜まりそうだったので

「じゃあ、私、先に入っとくねぇ」
「あ、どうぞ~」

あら、一緒に入ってもいいよ、って意味だったんだけど・・・。
ま、いっか・・・いきなり一緒に入るってのも微妙かなぁ・・・。
でも、どーせお互い裸になるんだしねぇ・・・。

身体をじっくりと洗って、それなりに時間が過ぎているのに、
一向に入ってくる気配がないので、お風呂場の扉を開けて
もう一度声をかけました。

「ねぇ~、お風呂、入らへんの~~~?」
「あ~、入る~。入るわ~~」

扉の向こうから、ヨシトさんの声が返ってきました。

私は湯船に使って、スリガラスの扉の向こうのヨシトさんの脱ぎ姿を
眺めながら入ってくるのを待っていました。

お風呂にもテレビがついているので、部屋に流れているのと同じ
ニュースを見ていたのですが、身体を洗っているヨシトさんを
余所目に、小学校のウサギを虐待した少年のニュースを見ながら
口にしていました。

「ありえへんような惨いことするよね・・・信じられへんわ・・・」
「なんか、イヤなニュース多いよな・・・幼児虐待とかもそうやし・・・」

ごめんなさい、裸でする話題じゃないです(^^;
ムードも減ったくれもないですね、これじゃ・・・あは。

身体を洗い終わって、ヨシトさんが湯船に入ってきた頃には
私の額にはじっとりと汗が出てきて、流れ落ちそうになっていました。

「見て・・・汗出まくってる・・・」
「あは、ホンマや」
「出る前に化粧せな、落ちてるよね、絶対・・・」

ま、そんなに塗ってないですけどね。

「アカンわ・・・先上がっとくね・・・」

そう言って、お風呂を上がり、身体を拭いてバスタオルを巻いて
部屋に戻ったところで、モブログ・・・と。

#でも、昨日言ったとおり、設定ミスでリアルタイム公開には失敗しました。

メールを送信した後、先にベッドに潜り込んで、
ヨシトさんが戻ってくるのを待っていました。

「電気消していい?」
「うん、どうぞ」

部屋に戻ってきたヨシトさんに確認して、部屋の照明を落としました。
って、明るめでしたけど。

私の隣に潜り込んできたヨシトさんは
「んん~~~」と伸びをすると

「あ~~、布団に入ると眠くなるよねぇ」

とフカフカの布団の気持ちよさに、そのままどっぷりと
眠りにつきそうな勢いで眠そうな声を出していました。

っていうか、私も本気で寝そう・・・。

右側に寝ているヨシトさんの左手を掴んで、私の背中側から身体を
近づけて、そのまま首を起こして

「ハイ、こっち」

と彼の手を誘導して強制的に腕枕をしてもらいました(笑)

背中越しに微妙に早めのヨシトさんの鼓動が伝わってきましたが、
腕枕の状態も数十秒の束の間で留まり、ヨシトさんの右手が
私の身体に巻かれたバスタオルの胸元にかかっていました。

私の首の下を通っている左手は私の左肩を優しく撫でるように
握るように愛撫をしながら
右手でバスタオルを解いて、アラワになった胸をゆっくりと
揉み始めていました。


さて、続きは月曜日・・・
こらこら!そこで止めるか!っていう声が
聞こえるような気がしますが、あえて今日はここまで!!!

過去の私の話を読んでくれてる人は、私がネタのヤマ場まで引っ張るという
ことをよくわかってくれていると思います(笑)

というわけで、思い出しながら一人遊びに耽ってしまった
今日のお昼間の写真でも探し当てて、月曜日を心待ちにして下さい。

下のBlogランキングを、ぜひぜひクリックして
ランクを上げてやって下さい!
みなさまのクリックが心の支えになっております。m(_ _)m
エログサーチ!人気BlogランキングFC2ブログランキング人気ブログランキング【ブログの殿堂】
BESTブログランキング王様のblogランキングブログランキングranQブログランキングくつろぐ

私のBlogにはワンクリック詐欺のような騙しリンクは一切ありません。
安心してクリックして飛んで下さい。m(_ _)m
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
コメント
この記事へのコメント
年下の
ゆりさん こんばんわ。
目と一人Hの写真見せてもらいましたよ。
そーなんだ、かなりリードしたデートでしたが・・・お姉さんとしてはどうでしたか?
一人Hなんてもったいない。
ボスとでも・・・(笑)
2006/02/17(金) 23:59 | URL | ボス #-[ 編集]
ヨシトさんは先に胸元か☆
自分はなが~いキスですね★
女性の方から触ってくるまで
キスしてます♪

う~ん、ゆりさんみたいな
人妻さん探さなきゃ!
メール送信(。・・)σ
2006/02/18(土) 00:24 | URL | まさき #-[ 編集]
風呂には
やっぱり一緒に入るのが楽しいのになぁ(・・;)
ヨシトさんチョット緊張してたのかなぁ
私もやっぱり胸からいきますねぇ。
2006/02/18(土) 15:21 | URL | でんすけ #-[ 編集]
慣れてくれば
私的にも一緒に入りたいよねぇ。
あと私も最初の時は胸からで次からはキスからですね
2006/02/18(土) 16:59 | URL | ラスカル #-[ 編集]
どーもーー^^
>ボスさん
最近は・・・というかここ数年は、リードするのが
多いので(^^;

>まさきさん
私としては、「愛がなきゃ」キスしたくないかな・・・。
あ、でも気持ちよくて思わず「ちゅっ」と
交わすのはアリかもね。

>でんすけさん
やっぱりお風呂は一緒がいいですよねー。

>ラスカルさん
初コメントですよね!?
どうもありがとー。

というわけで、キスから入るエッチが
ここ数年ない私でした。
2006/02/20(月) 11:26 | URL | ゆり #7sqcNiHo[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://himayuri.blog31.fc2.com/tb.php/137-74b4d949
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。